ぽかぽかウンティの自由帳

ぽかぽか動物園から投稿します。

C, C++を読んでGoを書く

なぜいまさら文章を書くのに鉛筆削りの練習が必要な言語を学ぼうとしているのか。

私は業務レベルでは Java PHP Ruby と順番に触れてきたが、なぜ言語ランキングの上位に CC++ が居座り続けるのかがわからなかった。

こんな記事 もあって学習対象とすることに迷いも生まれたが、現実的に数々のOSSC で書かれて使われ続けているのを考えると時代に逆行して学ぶ必要があると考えた。 C++ はゲーム業界で使われていると聞いてこれも対象にした。

とりあえず読めるようになるだけでもコードに使われている様々なテクニックを吸収できると考えている。そして普段の業務(Webサービス開発)では触らない領域のプログラミングでアウトプットを出すことにより、量産型プログラマから脱出できるのではないかと考えている。

アウトプットに Go を選択したが、これは様々なパラダイムを学ぶ機会は後回しにして、とりあえずコンピュータに近いプログラミングをしてみたいからシンプルで動かしやすい言語が望ましい、という理由である。

便利なシャーペンを触っているだけではカチカチするスキルしか身につかない、という危機感がある。