ぽかぽかウンティの自由帳

ぽかぽか動物園から投稿します。

スマホのSIMと機種を変えた

比較項目 変更前 変更後
SIM NTT DoCoMo LINEモバイル
基本使用料 7000円 1200円
機種 SONY Xperia arc HUAWEI P10 lite
機種代 DoCoMoショップで約50,000円 Amazonで27,108円
プリインストールアプリ 多(容量確保のためroot取って消しまくった...) 少(邪魔なのは健康系アプリの2つくらいでそのうち1つは削除可)
CPU 1core 1GHz 4core 2.1GHz + 4core 1.7GHz
メモリ 512MB 3GB
ストレージ 1GB 32GB
Android ver 4.1(自分で焼いた...) 7.0(独自拡張あり...)

乗り換えはすべて自宅からWebで3日くらいでできた。端末もAmazonで買った。今どき店舗に出向いて数時間待たされるのはナンセンスだ。(そういえばガラケーからXperia arcへの機種変のときは東日本大震災の余震があったなぁ...)

NTT DoCoMoさんとは13年続いていた契約だったがワクワクしながら解除した。端末も6年半くらい使用していたが全く未練はない。

アプリとか勉強していこうと思う。(さてどのJVM言語にするか...)

機種

特筆すべきはXperia arcのストレージ1GB。システムがその半分以上を専有し、Googleアプリの共通基盤アプリが200MB以上使うので、残りは150MB程度しかなく、流行りのアプリなんて何も入れられなかったのだ。もちろん更新もできず...

新しい機種を選定するにあたって、個人的にはベゼルがどうとか、カメラ性能がどうとか、はどうでも良かった。 Pixel2Essential Phone は待ちくたびれたし結局日本はハブられてしまったみたいなので諦めた。値段も高いし...

自分はAndroidのOSアップデートを最優先に考えていて、本当は価格的にも Android ONE あたりが好きだったが、機種ラインナップに魅力がなかったので今回は諦めた。

そこで価格.comAmazonのレビューでも現時点でのコスパ最強と言われてるP10 liteを購入した。もちろん中華スマホにはセキュリティ面で抵抗があるが、家のノートPCもLenovoだしそこは既に諦めている。

HUAWEIAndroidにEMUIという独自の拡張をしているらしく、そのせいで今後のOSアップデートがどこまでなのか気がかりではあるが、とりあえずNougatが入っているので数年は安心できそう...

今のところ使い勝手や性能は予想外に最高。CPUは独自開発らしく、一部のゲームで不具合が出るみたいな報告もあるけど、自分はスマホではゲームはやらないから心配なかった。中国はいい意味でヤバくなってきた。日本は悪い意味でヤバいのでは...

SIM

今までMy DoCoMoの時代を感じるマイページUIに慣れていたせいか、 LINE mobile のUIにはすこぶる感動した。さすがは百戦錬磨のユーザーファースト企業だと思った。料金プランもシンプルだ。マニュアルのデザインからもブランディング力を感じる。

My DoCoMoからMNP転出申請し「ご利用ありがとうございました。よろしければアンケートにご協力ください。」とあったので13年間お世話になったから回答しようとリンクを踏んだら「ただいまアンケートはご利用できません」と言われて頭が沸騰しそうになった。

相変わらずNTT DoCoMoの料金プランは複雑で、自分の端末が古くてLTEとか使えなかったからか、どう組んでも最低7000円はかかっちゃうのが理不尽に感じていた。自分の使い方は電話は数ヶ月に1回するかしないか程度で、普段はWiFiGmailやLINEを使うだけだった。それで7000円は高過ぎである。

なので自分の場合はMVNOの方が適していると判断し、やっと乗り換えに踏み切った。まぁサボってるジム代も毎月6000円かかっているんですがね。