ぽかぽかウンティの自由帳

ぽかぽか動物園から投稿します。

プロダクトやサービスというよりは、作品と呼べるようなモノ作りをしてみたい

年齢も30を余裕で超えて、でも所帯を持ってないから自分のことだけ考えてれば良くて。

今までWebプログラマーとして仕事してきたけど、テックでリードできるほど引き出しが多い訳でもなく、チームを引っ張れるくらいのマネジメント経験もなく、何か専門的なエキスパートでもなく、心中してもいいと思えるほどプロダクトを好いている訳でもなく、ここ数年は年齢だけインクリメントしている危機的状況だ。

どうせならやっぱやりたいことをやりながら飯を食っていきたい。この歳で未経験で飛び込める会社なんてもうない。今までの経験を活かして貢献ができる、かつ自分がやりたいことに近い環境を探している。

今の会社では非公式ながらフルリモートワークさせてもらっていて、Webプログラマーとして様々な経験をさせてもらっている。

どこの馬の骨とも知れない弱輩者を雇ってくれて、チャンスをくれて本当に感謝しか浮かばない。

相変わらず通勤なんて糞喰らえと思ってはいるが、しかし今の日本ではまだリモートワーク前提で仕事できる環境は限られている。

だから通勤再開を覚悟の上で転職したいと考えている。会社の近くに引っ越すという選択肢もあるが取れない人もいるだろう...

  1. 大好きなプロダクトと共にエンジニアとして成長していく
  2. テックでリードできるようになる
  3. チームメイトのキャリアパスとかも考えてチームを引っ張れる人になる
  4. 専門分野を極める

エキスパートはもちろんカッコいいが、やっぱ院とか出ててスタートからある程度出来上がっている人たちでないと厳しそう。そしてやっぱ低レイヤーに強い人たちが多い印象。

マネジメントは苦手というか興味がわかない。

テックリードは最新技術はもちろんのこと、技術選定時の選択肢をたくさん持ってないとリードする側にはなれない。

自分がつくりたいモノをつくるために技術を駆使する、そんな環境が自分には魅力的に思えてきた。

プロダクトやサービスと呼ばれるような代物は、あったら便利だからという理由で存在している。

比べて作品と呼ばれるような代物は暇つぶしのために存在している。(いや、OSSソフトウェアも作品と見るとどうなんだろう...)

水や酸素、衣食住や医療、公共インフラとかに比べればインセンティブが働きにくい分野だ。だから使い勝手が少しでも面倒だったり面白くないと誰も見向きもしてくれない。

ところで私は以下の人たちを尊敬している。

理解から最も遠い感情である憧れすら抱いている。だから彼らに少しでも近い環境で仕事してみたいと最近考えている。