読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽかぽかウンティの自由帳

ぽかぽか動物園から投稿します。

kitajimaquatics でバタフライのレッスンを受けてきた

今日は原宿の国立代々木競技場内プールで某世界水泳選手にバタフライの指導を受けてきた。

室内水泳場 | 施設案内 | 代々木競技場 | JAPAN SPORT COUNCIL

競技場の方できゃりーぱみゅぱみゅのコンサートか何かが開催されていたらしく、かなり入り口が混んでいた。ぽかぽかウンティというニックネームはきゃりーぱみゅぱみゅと我ながらいい勝負だと思う。

今日の受講者は自分以外には大学生が1人で計2名しかいなかった。50mプールの1コースを団体貸切。採算取れているのかなぁ。この時期はレッスンの受講率が悪いっぽい。

大学生の人は 100m自由形を56秒とかで泳ぐくらい速い。週5で 4,000m から 5,000m くらいの練習を普段しているらしい。自分は多くて週3で 1,500m くらい。1Fr のベストは大昔の 1分3秒。

なので今日の練習は自分にとってはキツめだった。

専門外のバタフライで、長水ということもあったが、前回の初心者向けレッスンとマスターズ向けレッスンとでは負荷が全然違った。

今日のレッスンのテーマは「長い距離を泳いでも泳ぎを崩さずに泳ぐ」で、教わったポイントは以下。

  1. バタフライは重心移動が重要だが胸を意識して手は下げない。
  2. 持久力を付ける練習は心拍数を上げ過ぎない。10秒間で25回くらいがベスト。
  3. 乳酸はじっとしていても取れない。乳酸を取るキックが打てるように。

1番目はこの動画を見れば一発で理解できる。


Michael Phelps - Butterfly 01 - YouTube

手は水面近く、胸が沈んで、腰は水面近く。マイケル・フェルプス sugeeeeeeee

手も含めて重心移動しちゃうと、どっこいしょーどんぶらこーの遅いバタフライになってしまう。速く泳ぐにはなるべく身体を高い位置に保ったまま重心移動しなければならない。

しかし、このクネりはかなりキツい。肩甲骨が相当柔らかくないといけない。あともちろん体幹。

2番目は心拍数を上げ過ぎた状態が続くと耐乳酸トレーニングになってしまい、持久力アップには繋がらないとのこと。

自分の場合は 50秒サークルで 50m x 8本 でも、10秒間の心拍数が 30 近くになってしまった。その場合はサークルを伸ばして 55秒とかでやった方が良い。

強化選手だと 40秒サークルで短距離選手の場合は 20本とか泳ぐらしい。 paneeeeeeee

最後の3番目は、キックが強くしか打てないため、すぐに心拍数を上げる要因になってしまう点の解消。

心拍数を下げられるゆっくりキックが打てるようにならないといけない。脚は筋肉量が多く、大量の酸素を必要とするため、緩急を操れるようにしないといけない。昔からキックは苦手だったなぁ。

専門外のバタフライではあったが、やはり 4泳法すべてのフォームを改善したいところではあるので、今度は平泳ぎのレッスンを受けてみようと思う。