読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽかぽかウンティの自由帳

ぽかぽか動物園から投稿します。

LINE を使うハメになった

私は今日、結婚式の披露宴に招待された。新郎新婦が医療関係者なので医大出の人たちや看護師や医師が多かった。終始華やかでキラキラしていた。

心からおめでとう!おいしい料理をありがとう!

そんな中、不意に始まった催し物でなんと東京湾クルージング "ペア" チケットが当たってしまった。何も当たらないよりはうれしい。結婚式とかでこういうのに当たったのは初めてだ。しかも一等だ。

シングルな私は数年分の運を使い切ってしまった。シングルな私はたいそう困った。シングルな私は逃げちゃダメだを心の中で3回連呼した。

しかし半年という期限があるのだ。予約番号が書いてあって、電話かメールで予約しないといけないらしい。せっかく用意してくれたプレゼントなので絶対に楽しまないと失礼であり、損である。船酔いするなんて言ってられない。

そんな折、披露宴が終わると中高時代の部活仲間とカフェでだべっていたら新郎新婦が顔を出してくれて、新郎に「オマエ早ク彼女ツクッテ予約シロ」と言われて、同僚の看護師たちが飲んでいる園(エデン)に強制移動させられた。

落ち着け私、これは訓練だ。周りからは常にチャンスを与えてもらっている。ものにするかどうかは私次第だ。周りに感謝しろ。Chin up!

タクシーの中でお腹がぎゅるるると鳴った。

そこには看護師が10人弱いた。みんなキラキラしていた。5歳くらい年下らしい。でも私にはみんな大人に見えた。あぁ、私は今月で30歳か。

そしてみんな LINE を使っていた。「え?IT系なのになんで LINE 使ってないんですか?」宇宙人を見るような目で見られた。TwitterFacebook を退会して LINE なんか絶対やらないと心に決めていた矢先の QBK だった。

止むを得ずその場で LINE をインストールした。すさまじい量の権限を要求されたが、いちいち確認している暇はなかった。

ふりふり
電話番号
ID
ふりふり
年齢確認
ふりふり

終始ふりふりしたがGPS検索は失敗し、スマホを渡して登録してもらった。ところで私の Xperia arc はストレージ容量が 200MB しかないが大丈夫だろうか。

一人がクルージング行きたいと言ってくれたが、その場のノリではあるので、後でちゃんと誘うと言うか、そもそも自己紹介もまともにしてなかったのでその前にほげほげ。ふがふが。

帰りの電車で3名の女性からお疲れ様メッセージが飛んできた。これがスタンプか。これが既読表示か。すごいすごすぎる。なんとなく若い人たちの間で流行る理由がわかったような気がした。

7月の夜風は涼しくて気持ちが良かった。すでに季節は夏だった。